ごあいさつ

私たち、茨木病院看護部では、「笑顔」をモットーに「笑顔」から始まる看護を実践できるよう心がけています。患者さんの声に耳を傾け、寄り添い、個人個人に合わせたより質の高い看護の提供を目指しています。特に次の3点には力を入れて頑張っています。

 @精神科がはたすべき「認知症急性期看護」
 A転倒・転落防止目的の身体拘束の防止
 B地域における看護の役割(訪問看護)
看護部長 山口仲二
 看 護 部 の 紹 介    
管理看護師長
     齋藤ゆかり
         管理看護師長
     嘉村静恵
1.看護部理念
患者さん一人ひとりを尊びいつくしみ、安心できる環境の中で全人的に関わり、セルフケア能力の向上及び成長を図り、よりよく生きることを支援します。

2.「2017」看護部目標
 @「笑顔と声かけ」を大切に、患者さんに寄り添います。
 Aセルフケア理論の展開を深め、患者さん個々のセルフケア能力の向上に活かします。
 B医療安全や感染管理に努め、患者さんが安心できる看護を提供します。
 C他職種と積極的に連携し、よりよいチーム医療を実践します。
 D個々のスキルアップを積極的に支援し、看護の質向上に努めます。。

3.看護部教育
 @研修実績 (H28.4.1〜H29.3.31)
  ・施設内研修 (新人・一般・専門・助手) 計87回 延べ 1,373名参加
  ・施設外研修 (日精看・日看協他) 計17回 延べ 39名参加
  ・時間外web研修や、e-ラーニングによる充実したインターネット教育の実施。
  ・大阪府実習指導者講習会 2名
 A看護部年間教育計画
 B看護実習受入れ (実習指導者講習修了者 15名)
  ・大学を含む4校から、年間140名程度の実習生の受け入れを行っています。
 C非常勤講師による教育支援
  ・看護研究指導・院内研修「チーム医療について」の指導など

                笹本美佐 先生
                学校法人 日本赤十字学園 日本赤十字広島看護大学
                精神看護学領域 准教授 (前 茨木病院 看護部長)

                看護教育プログラム及び看護管理に関するアドバイザー、また院内教育における研修の
                講師として笹本先生に携わってもらうことにより、看護教育の充実を図り、優秀な人材育成
                が出来るように看護部全体で取り組んでいます。

                 ※平成27年度主な指導
                 看護部教育委員会の指導・看護研究の指導・院内研修「チーム医療について」の指導など










4.看護部の活動

 @精神科認定看護師の「今」
 Aずんどこ体操車いすバージョンを考えてみました!
 Bインターンシップのご案内
 C行動制限最小化委員会 看護部部会の活動について
 D「論理を考える会」の活動について