医療法人 清風会 茨木病院 医療法人 清風会 茨木病院 Medical corporation Seifukai Ibaraki Hospital
  1. ホーム
  2. 病院のご紹介
  3. 理事長ご挨拶、理念

理事長ご挨拶、理念理事長ご挨拶、理念

理事長・院長ご挨拶

進化する病院を目指して

医療法人 清風会 理事長 髙橋 幸彦

「入院治療中心の医療体制から地域におけるケア中心体制へ」と、我が国の精神医療は転換を遂げつつあります。それに伴って、医師、看護師、コ・メディカルスタッフで構成される精神科医療チームの協働は必須の条件となっています。

地域ケアにおいては、地域の支援スタッフとの協働に際して、従来の院内業務に加え、地域の他の専門職とも協調・連携でき得る職業意識を備えた看護師とコ・メディカルスタッフへの期待が大きくなっています。

時代精神の変遷に応じて、従来の治療観、看護観では適切な対応が難しくなってきました。精神科医療・看護は複雑・多様化し、時代精神を反映して当事者たちのニーズも価値観も多様化してきました。

この多様化したニーズに対応するため、当事者の問題点に視点を注ぐ問題志向型医療計画ではなく、当事者に主体性を持たせて自身が評価した問題点を探るセルフケア重視医療計画の時代となりつつあります。時代が求める精神科医療に対応できる、常に進化する精神科病院でありたいと思います。

医療法人 清風会
理事長 髙橋 幸彦

院長ご挨拶

医療法人 清風会 茨木病院 院長 髙橋 大輔

広く開かれた信頼される病院として、地域と社会に貢献することを目指しています。医師や看護師はもちろん、精神保健福祉士や作業療法士など、コ・メディカルスタッフも充実し、多職種協働のチーム医療を実践しています。外来と入院を同一の主治医が診察にあたるため、医療の継続性が保たれています。

患者さんのこころに寄り添うことを心がけ、自分らしい生活が送れるように病院での治療のみならず、訪問看護ステーション、地域活動支援センターや就労支援センターといった在宅生活を支える事業にも力を入れ、退院後の生活まで一貫してサポートできる体制を構築しています。

近隣の小中学校教員との意見交換や児童のボランティア体験の受け入れ等で交流を深め、精神科についての啓発活動も行っています。特別な場所ではない、地域に根ざした病院であり続けたいと考えています。

医療法人 清風会 茨木病院
院長 髙橋 大輔

茨木病院の理念

私たちは、患者さんを中心とした、開かれた信頼される病院として、
地域と社会に貢献することを目指しています。

基本方針

  1. 患者さんの人権と医の倫理を尊重します
  2. 説明と同意のもとに信頼させれる医療を行います
  3. 地域との連携を深め、医療・福祉に貢献します
  4. 患者さんが安心して生活できるように支援します
(制定日 2013年4月1日)
トップへ戻る